FC2ブログ
あめだまコロリンBYJ 
カウンター    
バス停で 乗って来る幻 昼の月

20050503134318.jpg


今でもバスに乗ると一番後ろの左の窓側にすわるわ。
あなたは「君の席だね」って言っていつも譲ってくれた。

息をきらせて乗る私は、ここちよい風をうけたくて、必ず窓を開けてしまう。その風のいたずらで、私の髪が、あなたの頬をくすぐっていたなんて気がつかなかった。

「こんなこともあったよ。」とあなたは教えてくれた。
それはあなたの腕枕で、おとぎばなしを聞く子供のように幸せなとき、、、、ずっと前の話を聞いてわかったの。

でも、眠り姫の私は話の途中で寝てしまう。いつも最後まで、聞いてないのよ。知ってた?
スポンサーサイト



2005.05.03 | オッパ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://amedamakororinn.blog8.fc2.com/tb.php/21-fe681f8a